スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月19日『水溶液と電流』の報告

楽しく充実して終えることができました。
しかし、反省点もありました…

何種類かの水溶液に電圧をかけ、電流が流れるかどうかを調べる実験をしました。
電流が流れるとLEDが発光する仕掛けです。
ここで、水溶液には電流が流れるものと流れないものがあり、なにも溶けていない水には電流が流れない、という結論が出るはずだったのです。
現に予備実験ではそういう結果が出ていました。
ところが…
水で実験した場合も、LEDがわずかに光ってしまったのです。
ほんのわずかではありましたが、確かに光ったのです。
そんなはずはないのですが、科学教室で実験結果で嘘をつくわけにはいきません。
考えられる原因は、
 ① 市販のミネラルウォーターを使ったから。
  溶けている金属イオンが電気を運んだ。
 ② ①によるLEDの発光を予備実験では、私が見逃していた。
  予備実験では水道水を使ったのですが、LEDのわずかな発光を私が見逃していた可能性は否定できません。
ちなみに、水で試す実験は最初に行ったので、電極に付着していた物質が原因とは考えにくいです。
コンタクトレンズに使用する精製水を使うべきだったかもしれません。
どちらにしても、わずかな発光を見逃さなかった子供たちをほめるべきでしょう。

食塩水が電流を流すことが分ったら、電気パン作りです。
ホットケーキミックスには食塩が含まれますから、パン種は電流を流します。
熱を発生してパンになるはずです。

パン種に交流100Vの電圧をかけます。
感電の危険に緊張がはしります。
IMG_2936.jpg


湯気が出なくなったら出来上がりです。
IMG_2947.jpg

牛乳パックを切り開きます。
IMG_2944.jpg

試食です。
IMG_2942.jpg

子供たちは、実験の危険性を理解し、しっかりと楽しんでくれました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

緑虫

Author:緑虫
本名は麻生 隆。
理科教室を開設します。

カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショップ
父の日・ギフト・花束・母の日
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。