スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月18日『プランクトンの観察』の報告

私が近所の公園の池(水たまり?)で泥といっしょに採取した水の中から、小さな動物を探して子供たちと顕微鏡で観察、スケッチを楽しみました。

使用した顕微鏡はKenkoのDo-Natureシリーズ、STV-40Mです。
倍率は20〜40倍。
これがなかなかのすぐれもの。
1500円程度でここまで鮮明に観察できるのはありがたいです。
(同じような製品は他社も出していますが、レンズの性能が悪いためかシャープな画像が得られにくいものが多いです。)
LEDライトで照明できるのもうれしい仕様です。
20〜40倍という倍率も、小学校低学年の子どもが使うには手頃です。
これを1人1台ずつ使ってもらいました。

(kenkoのSTV-40M + iPhone5S で撮影したミジンコとゾウリムシの動画を、夕暮菜日記にもアップしました、よろしければどうぞ。)

当日観察できたものをいくつか紹介します。

写真、映像とも、上記の顕微鏡の接眼レンズにiPhone5Sのカメラをあてて撮影したものです。
手持ちなので映像はかなりブレています。また、子どもの声が入っています。ご容赦のほどを。

ミジンコ
IMG_4796.jpg

IMG_4804.jpg

この映像では、消化管より背中がわで心臓の鼓動が確認できます。
また心臓の下には子ミジンコらしきものも見えます。
(ミジンコは体内で卵をかえし、子を産みます。)


水滴の中を元気に泳ぎ回ります。


そのミジンコを子どもがスケッチしました。
小学2年生とは思えない観察力です。
IMG_4793.jpg

子どものスケッチをもう一枚。
IMG_4826.jpg



ケンミジンコ
光の関係で白飛びしていますが、尻尾が見えます。
IMG_4818.jpg

水滴の中を泳ぐケンミジンコです。


小さなヤゴ
IMG_4821.jpg



何かの幼虫です。よくわかりませんが、動いてます。
IMG_4824.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

緑虫

Author:緑虫
本名は麻生 隆。
理科教室を開設します。

カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショップ
父の日・ギフト・花束・母の日
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。