スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイートのまとめ(苦笑)

原発震災にからみ、一部の母親に対し科学の名の下にヒドい行いが行われています。
以下はそのことに関して私と佐巻健男氏のやり取りです。
最初の佐巻氏のツイートに私が噛み付いたのが、一応、今回の発端です。

本当言うと、夕暮菜日記やTwitterと区別し、あまり批判がましいことはここには書きたくなかったのです。
しかし、科学に関して重要な議論が含まれると考えて、ここに記録として残します。

読んでいて気分を害された方は、途中でも読むのを止めることをお勧めします。
記録として残すこと、科学の役割りについて考えたい人の参考にしていただく事が目的で、あなたの気分を害するのが目的ではないからです。

では、以下記録です。(S=佐巻氏、A=私)
途中私と佐巻氏、キクマコ氏以外のアカウントは迷惑のかかる事を恐れ、省略、削除してあります。
=====================================================
2009_09_05-09:47:07(私が噛み付いた佐巻氏のツイート投稿の時刻です。以下、時刻は省略します。)
S:ニセ科学批判批判が湧いているのか。それをするとなんか世の中にいいことがあるのかな。ぼくは、ニセ科学が蔓延る社会はファシズムへ行きやすいし、まともな商品やまともな人達が可哀想と思う。

A:純粋なニセ科学批判を批判する者はわずかです。ニセ科学をネタにした陰湿なイジメが批判されているのです。

A:黒人は犯罪率が高いから差別してもよい、という言説がまかり通る時代がありました。犯罪率の高さは事実でしたがこの言説は誤ちです。差別してよい「合理的理由」を主張する知識人も多くいましたが、同じく誤ってます。

A:健全な民主主義のため、ニセ科学は批判されるべきですがこ効果は上がってません。批判する側の戦略に誤りがあるのでは?

A:「そして、なにかを伝えようとするなら、ただ、いいたいことをいうだけでは、ダメなんだ。それを伝えたい相手に、そのことを徹底して考えてもらえる空間をも届けなければならない。」

A:御本尊は別ですが、偽科学の被害者には批判にリボンをかけてプレゼントしなければ届きません。批判をつぶてのように投げつけるのは、ただの暴力です。偽科学批判者はこの努力を怠っているか、放棄しているように見えます。

A:偽科学批判者が少数派であることにプライドをくすぐられているうちは、偽科学批判者は少数派のままでしょう。

A:「水からの伝言」の売れ行きから考えて、理科教育の行ってきた「科学的態度育成」は完全に失敗していると思います。

S:まあ、トンデモない本のほうが売れるのは世の常。それにしては左巻健男『水はなんにも知らないよ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)や理科の検定外教科書達も非常に売れている。戦略がよかったからか。 RT @takashi_aso 「水からの伝言」の売れ行きから考えて、

A: 佐巻氏のツイートによれば「まあトンデモより一桁少ないウン万部だけど。」とのことです。

S:本を何冊か出したことがある人ならわかるがまともな本達が各ウン万部というのは凄いと思うよw。 RT @takashi_aso: 佐巻氏のツイートによれば「まあトンデモより一桁少ないウン万部だけど。」とのことです

@kikumaco_x:よい戦略を教えてくれれば考えます RT @samakitakeo: そうなら正しい戦略でやってくれないかなあ。 RT @takashi_aso: 健全な民主主義のため、ニセ科学は批判されるべきですがこ効果は上がってません。批判する側の戦略に誤りがあるのでは?

A:@kikumaco_x @samakitakeo 教えてくれなければ考えない人に教えるほど、私は親切ではありません。

S:aso氏がやっているんでしょ、当然。その成果を公開すればいいだけだよ。 RT @takashi_aso: @kikumaco_x 教えてくれなければ考えない人に教えるほど、私は親切ではありません

S:これaso氏がやってねという希望だったんだ。 RT @kikumaco_x: よい戦略を教えてくれれば RT 左巻健男: そうなら RT @takashi_aso: 健全な民主主義のため、ニセ科学は批判されるべきですがこ効果は上がってません。批判する側の戦略に誤りがあるのでは?

A:続けておられることには敬意を表します。しかし、私を含め、既にそれが偽だと気付いた人にだけ売れているという印象があります。

A:@samakitakeo @kikumaco_x やっているし、公開もされています。あなたがたに比べれば、圧倒的に小規模ですが。なので、見つけることができないかもしれませんね。

S:ぼくより圧倒的に小規模か…。戦略は正しいのか。 RT @takashi_aso: @kikumaco_x やっているし、公開もされています。あなたがたに比べれば、圧倒的に小規模ですが。なので、見つけることができないかもしれませんね。

S:ぼくも来年対象をもっと考えた本を出そうと思う。ニセ科学批判が+-話題になるのはとてもいいことだ。菊池誠さん等の本もさらに売れるだろう。 RT @takashi_aso: 続けておられることには敬意を表します。しかし、私を含め、既にそれが偽だと気付いた人にだけ

A:ぜひお願いします。多分買います。

S:いい方向で終わったんでは。ぼくは絶対に来年ニセ科学批判本2を出そうと思ったからw。ほんの少しでも前へ。 RT @、、、: @takashi_aso 現場での実践者同士がけんかしているのは、見ていて悲しいのですが……。どういう旗(スローガン)を掲げるかは、ゆっくりご議論
=====================================================

以上です。
以前の夕暮菜日記まで読まれている方は、私のモノの言い方から、私が佐巻氏に対しどのような印象を持ちながら話しているのか分かると思います。
また、佐巻氏が私の一部のツイートにはまったく無反応であることも留意していただけると、深読みできるかと。

ここで私がいくらモノを言っても、所詮は当事者の一方的な物言いになってしまいますので、これだけにしておきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

緑虫さん、おはようございます。

佐巻さんと科学誌編集長との対談や、佐巻さんのツイートを、ざっと見てみました。
最近の、佐巻さんと他の人とのツイートのやり取りの中で、佐巻さんの本は、「中学2~3年頃からまったく理科が分からなくなってしまった私でも、読み易そうだ」という印象を受けました。

そして、緑虫さんとのやり取りを見てみると、緑虫さんと佐巻さんは同じ方向を向きつつも、ちょっと食い違っていたというか、微妙に意思疎通ができていなかっただけかなぁ・・とも感じました。

佐巻さんの「ニセ科学批判批判」という言葉が、ツイッターの中だけだと紛らわしいですね・・。
ニセ科学----例えば、砂糖玉がガンに効くという内容---を批判する人を批判しても何かいいことあるのかな、「よって、ニセ科学は批判されるべきだ。」ということを佐巻さんは言いたかったのですよね・・。(という風に私は受け取りました)
なので、緑虫さんの「高度な噛み付き方」に私は一連のツイートのやり取りをどのように受け取ったらいいのか、少し戸惑いましたが、でも、緑虫さんの考えには同感です。
@やリツイートもしましたが、
『A:御本尊は別ですが、偽科学の被害者には批判にリボンをかけてプレゼントしなければ届きません。批判をつぶてのように投げつけるのは、ただの暴力です。偽科学批判者はこの努力を怠っているか、放棄しているように見えます。』
という部分は、特に。
ニセ科学の被害者に対し、「そんなものに騙される方がバカ」「コメのとぎ汁乳酸菌を室温で保管して、カビが生えたのを吸い込んで具合が悪くなるなんて、バカ」と言葉を投げつける、それに対して批判をし、なおかつ、被害者には「こういう理由で、それは非科学的です。信じて実行すると害があります。」と説明すれば、ニセ科学の被害者には正確な情報が届き、安心するということになります。

すみません・・理科のことに詳しくもなくちゃんと理解してるのか?みたいな私が長々と、首を突っ込んでコメントしてしまい・・・

例えば、放射性物質から胎児や子どもや自分の身を守りたい母親の「わらにもすがりたい思い」、をバカにするのは、よくないと思います。なので、その部分で私は緑虫さんと同じだと思います。

もう一つ。そうです。苦手な者でも、説明を丁寧にしてもらえれば理解できる、その点で、緑虫さんの理科教室には、今後も期待しています。(プレッシャーかな?)(笑)では。
プロフィール

緑虫

Author:緑虫
本名は麻生 隆。
理科教室を開設します。

カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ショップ
父の日・ギフト・花束・母の日
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。